1. 日本プロロジスリート投資法人 Home
  2. 日本プロロジスリートについて
  3. 日本プロロジスリートの特徴
  4. Aクラス物流施設への重点投資

Aクラス物流施設への重点投資

運用中資産はすべてプロロジス・グループが開発した安定稼働中のAクラス物流施設です。
  • Aクラス物流施設の特徴
  • 物流施設タイプにおける特徴

本投資法人は、卓越した開発実績を持つプロロジス(日本)が開発するAクラス物流施設に重点投資することにより、安定的な成長と投資主価値の最大化を図ります。

本投資法人が考えるAクラス物流施設

1.  物流機能の集約・統合が可能な概ね延床面積16,500㎡(5,000坪)以上の規模を有する
2.  人口集積地、高速道路のインターチェンジなどの交通の結節点又は主要な港湾若しくは空港に近接している
3.  効率的な保管と作業を可能にする広大な倉庫スペース(概ね1フロア 5,000㎡超)、十分な床荷重(概ね1.5トン/㎡以上)、有効天井高(概ね5.5m以上)、柱間隔(概ね10m以上)が確保されている
4.  上層階の倉庫スペースへ直接トラックがアクセス可能な車路を有するか、又は十分な能力の垂直搬送設備を備えている
5.  免震性能又は高い耐震性能等、自然災害に備えた構造上・設備上の安全性が確保されている

プロロジス・グループが開発するAクラス物流施設の特徴

物流事業運営の効率性を考慮したプロロジス・グループのマルチテナント型物流施設の主な仕様

プロロジス・グループは、日本国内外で培ってきた開発・運営ノウハウを活用して、以下のような物流事業運営の効率性を考慮した各種仕様を導入したAクラス物流施設を開発しています。

物流事業運営の効率性を考慮したプロロジス・グループのマルチテナント型物流施設の主な仕様

施設を安全・安心・快適に利用するための追加的機能

上記のような主な仕様に加え、昨今関心が高まっている環境対策、省エネ対策をはじめ災害時の事業継続対策、更に施設で働くカスタマーの従業員が快適に過ごすためのアメニティ設備の充実など、様々な取組みを行っています。

施設を安全・安心・快適に利用するための追加的機能

  • Aクラス物流施設の特徴
  • 物流施設タイプにおける特徴

マルチテナント型物流施設

プロロジスパーク市川1幅広いカスタマーニーズに対応可能な仕様、設備と利便性、安全性を兼ね備えた、汎用性の高い大型物流施設。

[プロロジスパーク市川1 の例]

プロロジスパーク市川1 の例

ビルド・トゥ・スーツ型物流施設

プロロジスパーク舞洲4特定のカスタマーの新規拠点ニーズや統合ニーズに基づき用地を選定し、建物の仕様や設備にカスタマー固有の要望を取り入れつつ、汎用性も確保した物流施設。

[プロロジスパーク舞洲4 の例]

[プロロジスパーク舞洲4 の例]

ページの先頭へ